女の“覚悟”に称賛の嵐 最後まで女優として生きた川島なお美さん 北斗晶 家族のため乳がんと闘うことを公表 (1/2ページ)

2015.09.28


“女優”を貫いた川島なお美さん【拡大】

 今、女の覚悟が注目を集めている。最後まで女優として生きた川島なお美さん(享年54)。そして家族のために乳がんと闘うことを公表したタレント、北斗晶(48)。女優として、母として、選ぶ道は違えども、強い意思を示すその姿を称賛する声が広がっている。

 川島さんはその死が迫っていた23日、自身のブログを更新し、舞台を降板せざるを得なかったことへのおわびと、復帰への強い思いをつづった。このブログには1万件を超える「いいね」がついている。

 コメントはその死後も多く寄せられており、「いつもポジティブで人生楽しんでる姿に勇気をいっぱいもらいました」「次のステージで、新しい舞台で絶対に演技してる」「女優として生き抜いたお姿を、自分は忘れません」と“女優人生”を貫いた生き方をたたえている。

 夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(49)が25日にフェイスブックで、川島さんが死の直前まで鎧塚氏の誕生日のサプライズパーティーを知人らと計画していたことを明かすと、ネット上では「自分に残された日が少ないことを自覚したうえで、周りの協力を得て、サプライズを企画していたのか」といった声も。

 「川島なお美という女性が、“女優”であり続けたことが、その生きざまをもって改めて注目された。そして、これだけ意志の強い人だということも」とベテランの芸能ライター。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。