(117)風凛華斬

2015.10.20

連載:ピンスポ


本公演出演者たちによる集合写真【拡大】

 劇団紹介コーナー『ピンスポ』第117回は、劇団結成から11年目、変わらずに“騒いで、笑わせて、最後にほろりと泣かせる作品作り”を心掛けて展開中の「風凛華斬」(http://blog.livedoor.jp/furinfumaraika/)を紹介します!! 

 10月22日(木)〜25日(日)に計6公演、シアター風姿花伝での『Obtain〜overthehorizon〜』の上演を控えた風凛華斬の稽古場へ。脚本・演出のSIN、そして出演するROBIN・末次由布子の3名を直撃した!!

 「脚本・演出のSINです。風凛華斬は今年で11年目になります。年に2〜3回の本公演、そしてそれとは別に地域のお祭りなどで殺陣パフォーマンスをみせることをしています。風凛華斬の売りは“舞台初心者にも優しい作品”だということです。騒いで、笑わせて、最後にほろりと泣かせる作品作りを心掛けています! そして、公演毎に色々なことに挑戦しているのも11年変わっていませんね。ミュージカル以外は(笑)、およそ芝居と名のつくことにはこれまで挑戦してきています。台本を同じ人が書いているとは思われないのが理想ですね! 今回はプロデュース公演(劇団員が中心となって、演劇初心者の方もキャリアのある方も一緒に作品を作り上げるプロジェクト公演)です。海を舞台にした、子供の頃に憧れていた宝探しに、少年が旅立つ話になっています! 本作品の大きな魅力は3つです。1つ目は色々な武器での立ち回り。剣・ナイフ・槍・巨大ハンマー・銃など、様々な武器でステージ狭しと駆け回ります。2つ目は登場人物たちの人間関係。親子の絆であったり、仲間を想う気持ちだったり、恋物語も。とても興味深い人間関係にラストまで目を離せませんよ。そして3つ目は、シンプルな舞台セットだからこその、役者たちの演技だけでみせる情景です。観る人の想像力を喚起させる作りをしています。情景を思い浮かべながら観ていただけると、より楽しんでいただけることと思います。お客様も一緒になって冒険しているような楽しい舞台です! 劇場でお待ちしております」(SIN)

 「主人公の少年クルシュを演じますROBINです。クルシュはおうちがパン屋さんの、冒険に憧れている、どこにでもいるような普通な少年です。すごく真っ直ぐで、自分に正直で、夢に対して一途な子です。そんな彼が日常生活とはかけ離れた冒険に、自らの意思で飛び出していきます。冒険を通して彼がどのような成長をとげていくか…それがこの物語のテーマの1つです! 頑固で、決めたことを曲げないところは自分にとても似ていると思いますね。似ていないところは…ピュアなところでしょうか(笑)。困難に対して、あれほどの真っ直ぐさで立ち向かっていける勇気はさすがにもうないですね(笑)。今、子供の頃の感覚を呼び起こすのに必死になっています。飛んだり跳ねたりするんですけど…腰と膝が痛い…。子供はすごいです(笑)。注目ポイントはいっぱいあるんですけど、ラストシーンが特に1番輝いてみえるんじゃないかなと。残念ながらまだここでは詳しく言えないですけど(笑)。ですので、最後まで目を離さないで下さいね。クルシュと同じ気持ちになって観て下さい。皆さんの移し鏡みたいになれればいいなと思っています。ぜひ劇場に足をお運び下さい!」(ROBIN)

 「セニティを演じます末次由布子です。主人公の少年クルシュが行動を共にするトレジャーハンターチームとは、また別のライバルチーム、その5人兄弟の次女になります。こういう説明ですと分かりづらいかもしれませんが…基本的にバカ騒ぎしている5人兄弟がいて、その中で1番ワイルドに、何事も腕力で物事を解決しようとしている子がそうです(笑)。セニティをはじめとする5人兄弟は所狭しと暴れ回ります! そして、物語の中ではギャグ担当みたいなところもあって…話が重くなったら、私たちのシーンで笑ってもらえればいいなと思っています(笑)。セニティは自分とは全く似ていないですね。何事も考えて行動するタイプの私に対して、野生の勘で動くセニティ…演じていて“うらやましいなあ”と思うと同時に、稽古後は毎回スカッとしています(笑)。今回初めて槍の殺陣に挑戦しています。華麗な槍さばきにご注目下さい! そして、物語終盤には兄弟の絆の深さを感じてもらえるシーンもありますので、そこではぜひ熱い想いを感じてほしいですね! 子供の頃は大人になったら色々なところに行けると思ってたのに、決してそうではなくて…でも、この芝居を通して『そんなことはない』と思うことが出来ました。皆さんにもそんな気持ちになってほしいですね!」(末次由布子)

風凛華斬 SINプロデュース風真Vol.7『Obtain〜overthehorizon〜』
【日程】10月22日(木)〜25日(日)計6公演
【会場】シアター風姿花伝(目白)
【脚本・演出】SIN
【出演】安達かほる(風凛華斬)、荒井鉄平、佐久間章裕(アイリンク株式会社)、SIN(風凛華斬)、末次由布子(風凛華斬)、杉村真弓(劇団K−Show)、田中絵里香(IAMエージェンシー)、寺嶋信也、泊明日菜(VIMS)、初山●(ニンベンに愛)、古見亮大(表現者集団TeenageDream)、宮岡俊介、向井麻弓、吉澤悠吾、吉田紳(GAIAartentertainment)、ROBIN (五十音順)
【あらすじ】少年・クルシュはトレジャーハンターの一行と共に、伝説の秘宝を求めて、大海賊キャプテン・ディルハムの海賊船に挑む。120年間海を彷徨う海賊船に隠されていたのは、とんでもない事実だった! 仲間や家族との絆、切ない恋物語、たくさんの想いを乗せた海賊船が行き着く先は…? この秋風凛華斬が送る、大海原を舞台にした冒険活劇! いざ行かん!子どもの頃に憧れた冒険の世界へ!
【公式サイト】http://blog.livedoor.jp/furinfumaraika/
【公式ツイッター】https://twitter.com/furinkazan_news

■取材先劇団募集
『ピンスポ』は取材先劇団・ユニット様を大募集中です。詳細は本コーナーをプロデュースするコンテンツプロダクション・株式会社ルートデザインまで!
【ツイッター】https://twitter.com/rootdesign_inc
【公式サイト】http://contents-pro.com
【Youtube】http://www.youtube.com/user/rootdesigninc/
【Ustream】http://www.ustream.tv/user/rootdesign

■チケットプレゼント
風凛華斬「Obtain〜overthehorizon〜」の10月25日(日)13:00〜に計3組6名様をご招待!お申込は株式会社ルートデザイン公式ツイッター(@rootdesign_inc)より

次回(第118回)の掲載は11/10(火)予定です。お楽しみに!!

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。