日テレ・水卜アナ“過去最大”丸さの原因 ストレスでドカ食いに走る傾向?

2015.10.27

ぽっちゃりが最大の魅力の水卜アナだが…
ぽっちゃりが最大の魅力の水卜アナだが…【拡大】

 「ぽっちゃり美人」と評判の日本テレビの水卜麻美アナ(28)が、ここにきて過去にないほどのリバウンドぶりで、ネット上でも「丸さの限界」と話題を呼んでいるのだが、いったいなぜだ。

 2010年入社の6年目。素朴で飾らない性格と愛らしいルックスが受け、オリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」では2年連続で1位に輝くなど日テレのエースアナだ。

 最大のチャームポイントは、そのぽっちゃりとした体型だが、「もともと太りやすい体質なうえ、ストレスがたまるとドカ食いに走り、ダイエットとリバウンドを繰り返している」(日テレ関係者)ため、めまぐるしく変化している。そのたびにネット上では「やせた」「太った」とリアクションが躍るほど。

 そして、今月に入ってから、ネット上では再び、「過去最大」「なんであんなになった」「ちょっとこれ以上はマズイ」などと、水卜アナがリバウンドしたと盛り上がっているのだ。

 「今年も24時間テレビのMCという重責を終えた途端、焼き肉屋にたびたび足を運ぶなど、今は食に走っている時期のようです。番組の食レポでの食べっぷりも加速しています」と芸能事務所関係者は明かす。

 「昨年、写真週刊誌に報じられた一般男性との社内熱愛も破局したとか、よりを戻したとか聞こえてきます。そんななか、番組共演者との交際報道まで飛び出してしまった。彼女にとっては、かなりのストレスとなっているようです」と話すのは先の日テレ関係者。

 ぽっちゃりが魅力の水卜アナだが、ストレスが原因ならば心配だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。