(118)ゆみねこ企画

2015.11.10

連載:ピンスポ


本公演出演者+演出家の集合写真【拡大】

 劇団紹介コーナー『ピンスポ』第118回は、2012年に旗揚げし、“心と心で繋がる演劇”を目指している「ゆみねこ企画」(http://yumineko.jimdo.com/)を紹介します。

 11月25日(水)〜29日(日)に計8公演、絵本塾ホール(四ツ谷)での『中二階な人々』の上演を控えたゆみねこ企画の稽古場へ。演出の秋葉由美子、そして出演する白木誠・田中誠・堀内季沙の4名を直撃した!!

 「高校生の頃から、いつか自分の劇団を持ちたいと思っていました。老舗の劇団の演出部に所属して“組織の中で”鍛えられた経験と、独立して“一人の”演出家として現場で鍛えられた経験から、想いを共有できる人たちと一緒に創作活動を続けていける環境=自分のホームグラウンドをつくりたい!という気持ちが強くなり、ゆみねこ企画が誕生しました。プロデュース公演が多い時代に、仲間と深い信頼関係を築きながら創作活動ができるのは幸せですね。そこに新たな出会いがプラスされることで、世界が広がっていったらもっと幸せ! ゆみねこ企画は“人と人との心のつながり”が感じられる作品を選んで上演するスタイルです。作家さんが違えば作品の空気感・世界観も変わるので、同じ劇団にいながら様々なカラーの作品に取り組めるのが面白い! また、作家さんのカラーを活かしつつ、キャスト・スタッフと一緒に作品を少しずつゆみねこ色に染め上げていく作業がとても好きです。表面的な面白さよりも内面的な面白さ…相手を思うからこその切なさ・苦しさ・あったかさなど、心の動きを大切にした演出を心掛けています! 本作品『中二階な人々』は阿藤智恵さんの戯曲。同級生の男女6人が一軒家で共同生活をしている設定で、“人間関係の濃さ”が魅力的! 相手のいい部分もダメな部分も全部ひっくるめて受け入れないと、他人と一緒に暮らすのは難しいですよね。でもここの住人たちは、それができちゃう人たちだと思うんです。人間関係が希薄になっている今だからこそ、ゆみねこ企画のテーマでもある《人が人を想う気持ち》が描かれたこの作品を観て欲しい。そして、人間って素敵だな、こんな人間関係を築けたらいいな、と思ってもらえたら嬉しいですね」(秋葉)

 「ハシモト役の白木誠です。ハシモトは、とにかくマイペースで、言いたいことを自分の思ったタイミングで言ってしまうような男です。普通だったら失礼に値することもさらりと言ってしまうのだけれど、嫌われることもなく、みんなの輪に自然と解け込める…そんなすごいキャラクター! 自分のまわりに『こんな人いたら面白いだろうなあ』と思いながらいつも稽古しています。この役をやる上では、切り替えがとても大変ですね。面白さといいますか、そういった部分もちゃんと出せているかに注意しています。自分自身がもともと真面目な人間といいますか…真面目なほうだと自分では思ってるんで(笑)。世界観があったかい雰囲気の作品です。そんな空気を劇場で感じてもらえたらすごく嬉しいです! 普段面と向かってはなかなか言えない『ごめん』『ありがとう』という言葉をさりげなく言ってしまう登場人物たちにぜひ注目してご覧下さい!」(白木)

 「ナガタ役の田中誠です。ナガタは、明るく愉快で、まわりを楽しませるのが大好きな男性です。みんなから愛されるキャラ。本心が愚直で、全くといっていいほど裏表がない。嫌味がない。そんなキャラのまま30歳になっているのが本当に羨ましいですね。僕自身はその反対で、基本的にネクラなんで(笑)。…とはいえ、そんなナガタも実は、心の奥では…すみません。これ以上は話せません。物語後半、前半部分とはまた違ったところを見せられると思います。そのへんの芝居をきっちりと演じたいと思っています! 大人になると“やらなくなること”そして“やれなくなること”がどうしても出てきてしまう…大人になることで忘れてしまったことを、この作品を観て思い出してもらえれば嬉しいです!」(田中)

 「マツイ役の堀内季沙です。マツイは、気さくなお姉さんで、いつもみんなの世話を焼いています。何でもウエルカムな人(笑)。でも、その根底では、一緒に住んでいるみんなのことをちゃんと認めていて、悩みがある人にも『そのままでいいんだよ』とサポートしてあげる器の大きい人なんです! 世話好きで、“他人に何かをしてあげたい”なところは自分自身と確かに似ているのですが、実際に行動に移す時、私のほうが相手に対して気を遣ってしまうところがあって…その微妙な距離感の調整が演じる上で難しいですね。《家族みたいな、昔ながらの温かさがある共同生活》…今、ルームシェアが流行っていますが、こういう人間関係は見られないのではないでしょうか。観終わった後に、あったかいものを感じてもらえるはずです。癒されにくればいいんじゃないですかね(笑)。ぜひ劇場に遊びに来て下さい!」(堀内)

ゆみねこ企画第5回公演『中二階な人々』
【日程】11月25日(水)〜29日(日)計8公演
【会場】絵本塾ホール(四ツ谷)
【演出】秋葉由美子
【出演】白木誠、田中誠、堀内季沙、こまるゆい、奥村俊、岩田潤平、吉河遥香
【あらすじ】同級生の男女6人が共同生活している一軒家。大学時代から一緒に暮らし始めて早10年、それぞれの想いを抱えながら、今日もリビングに集まってくる。そんなある日、この家に若い女の子が尋ねてきて、住人たちの心がほんの少し、揺れはじめる…。どこか中途半端で、それでも今を精一杯生きている。そんな、「中二階な人々」のお話。平成14年度文化庁舞台芸術創作奨励特別賞受賞作品に、ゆみねこ企画が挑戦します!
【公式サイト】http://yumineko.jimdo.com/

■取材先劇団募集
『ピンスポ』は取材先劇団・ユニット様を大募集中です。詳細は本コーナーをプロデュースするコンテンツプロダクション・株式会社ルートデザインまで!
【ツイッター】https://twitter.com/rootdesign_inc
【公式サイト】http://contents-pro.com
【Youtube】http://www.youtube.com/user/rootdesigninc/
【Ustream】http://www.ustream.tv/user/rootdesign

■チケットプレゼント
ゆみねこ企画「中二階な人々」の11月28日(土)19:00〜に計1組2名様をご招待!お申込は株式会社ルートデザイン公式ツイッター(@rootdesign_inc)より

次回(第119回)の掲載は12/15(火)予定です。お楽しみに!!

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。