阿藤快さん グルメリポーターの熱心な仕事ぶりが命縮めた!? 大のラーメン好きで知られ… (1/2ページ)

2015.11.18


親しみやすいキャラクターで愛された阿藤さん =1996年撮影【拡大】

 グルメや旅番組のバラエティーで人気だった俳優、阿藤快(あとう・かい、本名・公一=こういち)さんの突然の訃報。死因は大動脈破裂胸腔(きょうくう)内出血で、最近、「背中が痛い」と予兆ともいえる症状を訴えていた。グルメでありながら、大のラーメン好きという庶民派でもあった阿藤さん。69歳での早過ぎる死には、グルメリポーターという立場と食生活が関係していたのか。

 所属事務所によると、阿藤さんの14日の誕生日に祝福メールを送っても返信がないため、15日午後、阿藤さんの妹と姪(めい)が東京都新宿区の自宅マンションを訪ねると、ベッドにあおむけで亡くなっているのが見つかった。

 死因は大動脈破裂胸腔内出血で、心臓から送り出される血液を運ぶ大動脈に、動脈硬化などを原因とした瘤(こぶ)状のものができ、破裂することで起きる。激しい痛みを伴い胸腔内に血液が充満し、突然死することもある。

 心臓に持病を抱える阿藤さんは、周囲に「背中が痛い」と話していたといい、医療関係者によると、60歳を超えてからの「背中が痛い」は、動脈硬化や心臓疾患を疑った方がいいという。

 今月8日には公開中の出演映画「シネマの天使」の舞台あいさつが福岡市で行われ参加。その直後にも「背中が痛い」と打ち明け、マッサージを受けていた。

 阿藤さんは既婚だが、家族とは離れての一人暮らし。関係者は、発見が早ければ…と唇をかみ、肩を落としている。

 「ラーメンはなんと言っても日本の味」と大の麺好きで知られていた阿藤さん。先月放送されたテレビ番組では、夕刊フジで「この男麺喰いにつき」(木曜)を連載するラーメン評論家の大崎裕史氏と対談し、熱い一杯への思いを語っていた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。