【美人学芸員・太田在のミュージアム探訪】ついに海外進出 台湾101で「小籠包」!?

2015.11.26


「台北101」にあるギネスブック認定の超光速エレベーター【拡大】

 ついに「太田在のミュージアム探訪」は海外進出です。どこに来たかというと「台湾」。飛行機で3時間くらい。ぷらっと来ちゃいました。太田的に台湾は、気候も人も暖かくて、ご飯が美味しくて、美術に対して好奇心の強い国のイメージ。

 台湾の中でも今回スポットを当てたのが、2007年、ドバイのブルジュ・ハリーファ(約828m)に抜かれるまで世界一高い建物だった「台北101」。台湾は高い建物が東京に比べても少なく「台北101」が周りのビルと比べても圧倒的な高さ!

 なぜビル名が「101」かというと、そのまんまですが、地上101階建だから!高さは508m!スカイツリーの634mよりちょっと低いくらい。何度も言いますが、ほかに高い建物がない。その素晴らしく高い「台北101」の展望台に登って来ました。

 展望台に行く前にまずは腹ごしらえを!なんせ91階の屋外展望台に行くんだから、体力をつけないと。ビルの地下一階のレストラン「鼎泰豊」へ。

 台湾には日本に引けを取らない美味しいレストランがたくさんあり、アジア全体の中でのレストランのランキング「アジアンレストランランキング」で1位は台湾「鼎泰豊」。このレストランが101地下一階にあるのです。

 でも、めちゃ混み。簡単には入れず整理券をもらってから2時間待ち。人、人、人…待ちに待っての名物の「小籠包」は格別に美味しかった。お昼なのにビールも少し飲んで、探訪というより少し珍道中といったテンションに。

 お昼からのビールに少しほろ酔いでいざ展望台へ!エレベーター乗車用のファストパスを買ったはいいが、全く混んで無くて一般チケット方々と一緒に乗車。意味無しでした。ホロ酔いのせいですね。展望台へと続くギネスブック認定の超光速エレベーターに…速い!389mを毎分600mの速さ39秒で展望台入り口の89階に到着。ジャンプしたら頭ぶつけるんじゃないかというレベルの速さ。ちなみに東京スカイツリーも同じ速さだって。でも速いだけじゃないんです!振動もほぼ無く、コインを縦においても倒れないとか?あっという間に展望台に!というわけで、この続きは来週に!

■太田在(おおた・あり) 1983年2月21日神奈川県出身。タレント。高校時代から雑誌『東京ストリートニュース』などの読者モデルとして活躍。東洋英和女学院大学国際社会学部卒。趣味はゴルフ、競馬、スキューバダイビング。フジテレビ系「めざましテレビ」などさまざまな番組に出演。また国家資格「学芸員」を持ち、全国の博物館や美術館に視察に出掛けている。公式ブログ(http://ameblo.jp/ota-ari/)も要チェックだ

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。