月9出演台湾人女優の「売春疑惑」 中台首脳会談並みの衝撃 (1/2ページ)

2015.11.28

 アジアナンバーワンの“美熟女”といわれる台湾の某有名女優にあらぬ疑惑がかけられている。170cm超の長身の彼女は40代を迎えた今も変わらぬ美貌とスタイルを維持。日本でもCMやドラマに出演し、“月9ドラマ”で、有名俳優の相手役を演じたことで話題となった。

 その彼女が、なんと国際的な“売春組織”に関わっていたと疑われているのだ。台湾の芸能関係者がいう。

 「事の発端は戴君儀という台湾人女性について、台湾警察がアメリカ移民局から“米国に若い女性を連れて出入国を繰り返し、人身売買に関与している疑いがある”という情報提供を受けたことでした。

 10月下旬、台湾警察の捜査により、戴が中華圏や米国に住む中国系の富豪を顧客にした売春組織のボスであることがわかったのです」

 当局の家宅捜索で、売春婦や顧客の管理に使われていたとみられる戴のノートが押収された。その中に、彼女を含む台湾人女性タレント38人の名前が含まれていたという。中華圏の芸能事情に詳しいジャーナリストの奥窪優木氏がいう。

 「このノートに各女優の“一晩の価格”が記載されていたことを、11月4日発売の台湾の有力誌『壹週刊』がスッパ抜いた。

 下は5万台湾ドル(約19万円)以下でしたが、上はなんと200万台湾ドル(約750万円)以上。誌面では、750万円以上の欄に“L姐”とイニシャルで書かれていました。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。