膳場アナ、ピシャリ 降板申し入れは「誤報」 揺れるTBS「NEWS23」

2015.12.03

膳場貴子キャスター
膳場貴子キャスター【拡大】

  • <p>岸井成格氏</p>

 TBSの看板報道番組「NEWS23」が、メーンキャスター、膳場貴子アナ(40)とアンカーの毎日新聞特別編集委員、岸井成格(しげただ)氏(71)のダブル降板情報で揺れている。岸井氏は番組の安保法制報道をめぐる発言が放送法違反だとして、有識者から公開質問状を受けていた。

 今月上旬に出産を控えて休養中の膳場アナは、TBS側から来年3月での契約打ち切りを通告されたという。3日発売の女性週刊誌「女性セブン」が報じた。膳場アナはTBSとの専属契約のため番組降板となる。

 一方、同日付のスポーツ報知は膳場アナが来年3月末での降板意向を局に伝えたと報じたが、膳場アナは3日、フェイスブックで「責任と愛着を持ってやってきた仕事です。降板申し入れはしておりません」と否定。「このような誤報を、たいへん残念に思っています」と怒りをにじませた。

 膳場アナの去就について、同局の武田信二社長は2日の定例会見で「番組制作工程のことは従来からお答えしていない」と述べるにとどめた。

 岸井氏については「来春での降板情報があります。後任には、今年で定年退職となる朝日新聞特別編集委員の星浩氏の名前が挙がっているそうです」と放送関係者。

 岸井氏は先月、番組内の「メディアとしても(安保法案の)廃案に向けて声を上げ続けるべきだ」とした発言が放送法違反だとして、有識者の任意団体「放送法遵守を求める視聴者の会」から、発言の真意などを問われていた。

 武田社長は会見で「岸井氏の長年のジャーナリストとしての経験と識見に基づく論評と理解している」と擁護。降板については言及しなかった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。