好きな女子アナランキング急上昇のフジ山崎アナはここが凄い (3/3ページ)

2015.12.12

 さすがは『ジェネレーション天国』では今田耕司、『ノンストップ!』ではバナナマンの設楽統、『ダウンタウンなう』や『ワイドナショー』ではダウンタウン…というように、芸人の傍らで修行し続けている山崎アナである。さらに『とんねるずのみなさんのおかげでした』のロケに借り出されることもあり、石橋貴明や木梨憲武にとっても、あの高橋真麻につぐ“おもちゃ”。

 カメラ目線でしっかり段取りすることと、横でケラケラ笑うことが最大のお仕事であるカトパンや、報道アナの椿原アナとは大きく異なる“お笑い力”が山崎アナにはしっかりすぎるほど身についているのである。

 スイッチの入り方やなりきり具合もものすごいのだ。私がいちばん凄いと思ったのは、以前、Kis-My-Ft2に山崎アナがインタビューした際、ドアを開けてキスマイの前に座るまでの数メートル、ずっと「シーハーハー、シーハーハー、シーハーハー」と手を口元にあてながら歌い、踊り続けたこと。やられたキスマイのほうが困っていたが(苦笑)、どんなカッコ悪いことでも、かわいく見えないことでもやりきる山崎アナなのだった。

 忘れもしない。今年のハロウィーンで、“めざましアナウンサー”全員がコスプレをする際、後輩の三上真奈アナや永島優美アナの前で「どうせ、私は“お笑い”でしょ?」というも、結果、お姫様のコスプレだったことに、山崎アナはどこか不満げだった。

 ちなみに、『ボクらの時代』でエンディングテーマが流れ始め、ゲストがいちばん気を抜いて喋る時間の山崎アナのコメントは、「チンバラさんが使われたらいいですね」だった。カトパン曰く「天然」という椿原アナが、「シンバラさん」をずっと「チンバラさん」と言っていたというエピソードだ。

 決して美人アナではなく、自虐的なコメントやモメ事を誘発するような発言が得意ワザで、やりきった後もケロッとしているのは、『あさイチ』(NHK)の有働由美子アナにソックリだ。

 40半ばのベテラン、有働アナの域に20代で追いつきそうな山崎夕貴アナの資質については、フジテレビの社内ではずいぶん前から高評価。あとは視聴者が、やや毒っ気のある山崎アナをどこまで面白がってくれるかだろう。

 大食い&ぽっちゃりの水ト麻美アナ、笑いのハードルが低い加藤綾子アナ、そして、キャラかぶりの有働由美子アナというトップスリーを山崎夕貴アナが負かすことができるのか。来年のランキングが楽しみでならない。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。