石原さとみ、木村文乃、篠原涼子 ドラマで登場名キスシーン (1/2ページ)

2015.12.30

 低視聴率や興行収入の不振が叫ばれた2015年のドラマや映画。しかし、出演女優たちは良い作品をつくるため、体当たりで「キスシーン」を演じていました。彼女たちの熱演に応えるため、本誌では勝手に「キス女優」アワードを開催しちゃいます!

 最初のエントリーは「ぷっくり唇」が代名詞で、ガムメーカーがアンケート調査した最新の「キスしたい芸能人・女性部門」でも1位に輝いた石原さとみ(28)だ。

 主演を務めた月9ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(フジテレビ系)では、恋人役の僧侶(山下智久・30)とキスをしようとすると必ず邪魔が入るという「寸止めキス」で最終回まで視聴者を焦らし続けた。

 その「寸止め」はラストシーンでも繰り返された。クリスマスイブにツリーの前で、山下が石原にプロポーズ。婚約指輪をはめた石原に山下が顔を近づけると、雪がチラつき始める。すると石原は「雪に邪魔されちゃったね」と、また焦らす。

 だがその直後、石原のぷっくり唇に山下が唇を重ね合わせ、8秒間にも及ぶ濃厚なキス。それだけでは物足りないのか、今度は山下が石原を抱きかかえると、それまでの“おあずけ”を取り戻すかのように何度も何度も唇を重ね合わせた。まさに王道の恋愛ドラマの締めくくりだった。

 共演者キラーとして知られる石原。2012年には舞台『ロミオとジュリエット』の打ち上げの席で、酔っ払ったジュリエット・石原はロミオ役を演じた佐藤健(26)と人目をはばからず熱いキスをしていたと報じられたことも。そんな経験があるからこそ、魅力的なキスが出来るのか。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。