NHK大揺れ 塚本アナが危険ドラッグ所持で逮捕 アナウンス室も家宅捜索 ファクス1枚で幕引き (1/2ページ)

2016.01.12


不祥事続きで揺れるNHK【拡大】

 NHKの現役アナウンサーが危険ドラッグを所持して逮捕されるという前代未聞の事件が起きた。同局のアナウンス室には家宅捜索も入り、衝撃は広がるばかりだが、NHKでは、このところ、不透明な土地購入計画や子会社の社員による着服が発覚するなど不祥事が相次いでいる。「組織が緩みきっている」(専門家)。日本を代表する公共放送の信頼が大きく揺らいでいる。

 耳を疑うニュースだった。危険ドラッグを所持したとして医薬品医療機器法違反の疑いで、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された同局アナウンサー、塚本堅一容疑者(37)。

 逮捕容疑は、東京都文京区の自宅マンションで10日、若干量の指定薬物を含む液体(小瓶2本)を所持していた疑い。薬物は性的興奮を高めるという「RUSH(ラッシュ)」とみられ、吸引などの方法で摂取していた可能性がある。

 麻薬取締部は10日、塚本容疑者の自宅を家宅捜索し、任意同行した上で逮捕した。同容疑者は「自分で使うものだった」と容疑を認めている。

 麻薬取締部は翌11日、勤務先のNHK放送センター(東京)のアナウンス室なども家宅捜索。12日午前、同容疑者を送検した。

 NHKなどによると、塚本容疑者は千葉県出身。明大文学部を卒業後、2003年4月に入局。京都、金沢、沖縄の各放送局をへて、昨年2月に東京アナウンス室に異動し、総合テレビの「ニュース シブ5時」でリポーターを担当していた。

 公式プロフィルは、すでに同局のホームページから削除されているが、趣味は歌舞伎などの舞台鑑賞、特技はロールケーキなどの洋菓子作り。リフレッシュ法は〈一人夜中にコンビニデザートを食べながら見る宝塚〉と明かしている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。