【美人ベリーダンサー健康法】直線を描く動きを 腰のツイスト

2016.01.13


中沢菜芳【拡大】

 以前にベリーダンスの動きは大まかに分けて「円を描く動き(サークル)」「直線を描く動き」「8のラインを描く動き(エイト)」「振動」「回転」の5種類ありますとお伝えしました。

 前回までは円を描く動きのバリエーションでしたので、今回からは直線を描く動きをご紹介させて頂きます。まずは腰のツイストです。

1、両足のかかとは床つけたまま、まっすぐ立つ。
2、右腰を前へ出来る範囲でひねる。
3、右腰をもとに戻す。
4、左腰を前へ出来る範囲でひねる。
5、左腰をもとに戻す。
6、2に戻り繰り返します。

 ダンス的なポイントは腰と一緒に肩が動かないようにすることです。しっかりひねることでウエストのくびれに効果的ですよ!腰痛の予防にもなり、一石二鳥です。ぜひお試し下さい。

■中沢菜芳(なかざわ・なほ) ベリーダンサー。幼少時よりクラシックバレエに打ち込み、狭間裕子・祥子(牧阿佐美バレエ団)に師事し、17歳から講師も務める。その後、ダンスによる自己表現を求め、日舞やフラメンコなどさまざまなダンスを研究し、1999年モロッコ在住中にベリーダンスと出会う。2010年に「ベリーダンスワールドコンペテション」に日本代表として第4位入賞。日本テレビ系「シャルウィーダンス」、BSジャパン「ギルガメッシュLight」にベリーダンス教師としてレギュラーなど数々の番組出演も。2013年より美しいボディラインへ導くパーソナルトレーニング指導開始。ロータスダンスラボラトリー代表。公式ホームページ(http://www.lotus-dance.com/)も要チェックだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。