【砂岡春奈の競馬女子ライフ】競馬界のアイドルたち お馬deキティちゃんに胸キュン (1/2ページ)

2016.01.22


砂岡春奈の競馬女子ライフ【拡大】

 かわいい馬グッズには目がない私。2016年、何か新たな馬グッズはないかとターフィー通販クラブのサイトを見ていると、お馬deキティちゃんという、ジョッキーに扮したキティちゃんが名馬に跨るぬいぐるみシリーズに、今話題の白毛馬ブチコを発見!

 ぬいぐるみといえど、斑模様の馬体に真っ白なお顔、茶色のお耳まで忠実に再現されたその姿に思わず購入ボタンをクリックしようとすると…なんと既にSOLDOUT。ブチコ自身はG1どころか重賞すら勝っていないにもかかわらず、昨年のダービー馬ドゥラメンテやゴールドシップを差し置いて完売とは…これぞまさにアイドルホース!

 さて、みなさんはアイドルホースというとどんな馬を思い浮かべますか?過去には“当たらない”に掛けてその馬券が交通安全のお守りとなったハルウララ、その引退を唄った歌が大ヒットを記録したハイセイコーなど数々いますが、やはり一番世間を沸かせたのは笠松が産んだヒーロー、オグリキャップではないでしょうか。

 競馬を知らなかったころの私でさえオグリキャップの名前は知っていたくらいですからね!ではオグリキャップがいったいどんな馬だったのかというと・・と数々のアイドル伝説をお話しようかと思ったのですが、なにせ私も現役時代のオグリはよく知らないので、話せることはあまり…。そこで!オグリキャップ最後の産駒となった女の子の話はいかがでしょう?その名も、ミンナノアイドル!笑

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。