リーマン・ショックとはいかなるものだったか 金融界の内幕を描いた『ドリームホーム』

★大人のエンタメ

2016.01.28


リアルなアメリカが描かれた「ドリームホーム」【拡大】

 2008年9月の金融パニック(リーマン・ショック)の引き金となったサブプライムローン問題を背景としたサスペンスドラマが、30日公開の「ドリームホーム 99%を操る男たち」(ラミン・バーラニ監督)だ。本年度アカデミー賞にノミネートされている大作「マネー・ショート」も同じくリーマン・ショックを題材としている。今、金融界の内幕を描いた映画が熱い。

 シングル・ファーザーのデニス(アンドリュー・ガーフィールド)は、大不況のあおりをうけて住宅ローンを滞納し、裁判所から自宅の明け渡しを命じられる。

 デニスが家族(母親と小学生の息子)とともにマイホームから追い出される冒頭シーンの緊迫感がすさまじい。観客はあっという間にドラマの中へ引き込まれてしまう。

 裁判所の命令文書を携えてデニス宅を訪れる不動産業者は、郡の保安官を伴ってくるのだが、この時の保安官役は実際に現場を経験した人物で俳優ではない。

 バーラニ監督はリアルな映像をつくるため、家具を外に運び出すスタッフや立ち退きを命ぜられる住民たちを含め、実体験した人々を数多く画面に登場させている。あたかもドキュメンタリー映画を観ているような感覚にとらわれるのはそれらの演出方法が功を奏したおかげといえよう。

 低所得者向けローン(サブプライムローン)の破綻とは、いかなるものであったのか、われわれはリアルな状況を知ることができる。

 デニスを自宅から追い出す不動産ブローカー役のマイケル・シャノンは金融犯罪に手を染める男の姿を存在感たっぷりに演じ、俳優としてのレベルをまた一つ上げた。

 なお、映画の副題にある「99%を操る男たち」とは、「世界中の富の4分の1を、たった1%の最富裕層が所有しており、残りの99%は貧困である」というノーベル賞経済学者の学説からとられている。 (瀬戸川宗太)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。