ダチョウ上島とキスすると「開運」説 野呂佳代に聞いた (1/3ページ)

2016.02.03

 あのときは誰もが驚いた。昨年6月のイベントで、ダチョウ倶楽部・上島竜兵(55才)と野呂佳代(32才)がキスしたシーンだ。ダチョウ倶楽部のおきまりのギャグの流れでしたものだが、元AKB48の女性タレントがするとは予想外の展開。すぐさまネットニュースなどに取り上げられ、大きな注目を集めた。それがきっかけになり、上島とのキスは「開運を呼ぶ」と希望者が殺到しているといわれる。野呂には、いったいどんな開運が訪れたのか? 野呂本人に聞いた。

 −−ダチョウ倶楽部の上島さんとのキス騒動、その反響は?

 野呂:あんなに騒がれるとは思わなくて。1日くらいで終わっちゃうニュースだと思っていたんですけど、半年くらいは、どこに行っても話題に上りました。キス芸の話題が出るたびに、私の名前と写真が出ましたからね。さすがダチョウ倶楽部さんだなって。

 −−なぜ拒否しなかったんですか?

 野呂:ダチョウ倶楽部さんとは、今まで何回かお仕事が一緒で、親しくさせていただいているんです。ある番組の後の、反省会も兼ねた飲み会で、肥後(克広)さんが「(番組内の)あの時のギャグは、竜平と野呂がキスすればよかったよな」と言っていたんですね。その時は冗談だと思っていたんですけど。

 昨年のそのイベントでは、私は初めてのMCで、自分の色を出さなきゃいけないと一生懸命だったんです。それでダチョウ倶楽部さんにちょいちょいツッコんでいたんです、私なりの味が出るかなって。

 そうしたら上島さんがそれをGOサインと勘違いしたのか、私が仕掛けていると思ったようで(笑い)。そういえば以前、肥後さんにそんな事を言われていたな、ということをそこで思い出しました。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。