民主党自虐ポスター編 党の迷走が伝わってきて人気がない理由がわかる (1/2ページ)

2016.02.10

民主党の新ポスター
民主党の新ポスター【拡大】

 民主党が夏の参院選に向けて作った3種類のポスターの1つに掲げた「民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい。」という自虐的なキャッチコピーは、当の民主党員の間でも評判が悪い。「こんなポスター、貼りたくない」「恥ずかしくて、参院選を戦えない」など不満の声も出ているという。

 このメッセージ、元々は2011年のAKB48選抜総選挙で1位に返り咲いた前田敦子が、涙を浮かべて語った「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください」をパロったもの。

 たぶん、民主党の中のアイドル・ファンが、「AKBははやっているし、パロディーにすれば、みんなも食いつくんじゃないか」と思いついたのだろう。しかし、前田敦子のあの言葉は自虐的ではない。人気が圧倒的に高かったときに語ったものだ。

 ということで、本来、あのポスターのコピーは、民主党の岡田克也代表に人気があるときでないと通用しない。「岡田克也は嫌いになっても、民主党のことは嫌いにならないでください」というふうに使われてこそ、パロディーとしても生きるわけ。なのに、「自虐的」ということにとらわれすぎてしまったようだ。

 だいたい、前田敦子のときは、意表をついて「嫌いにならないで」と涙ながらに語った。そこに感動があった。ファンの心にも響いた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。