日曜朝の視聴率バトル ダウンタウン松本優勢のワケ 太田は「発言がオチ扱い」

2016.02.12

日曜日に激しい視聴率争いをする松本(写真)と太田
日曜日に激しい視聴率争いをする松本(写真)と太田【拡大】

  • <p>日曜日に激しい視聴率争いをする松本と太田(写真)</p>

 日曜日の朝に激しく視聴率争いをしているフジテレビ「ワイドナショー」のダウンタウン、松本人志(52)とTBS「サンデー・ジャポン」の爆笑問題、太田光(50)。最近では先発組のサンジャポに、後発のワイドナショーが肉薄。ともに辛辣なコメントのタイプだが、どうやら松本が優勢のようだ。

 日曜午前10時の視聴率戦争。7日放送の「ワイドナショー」は平均10・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と2週連続でふたケタ台をマーク。一方の「サンデー・ジャポン」は10・4%とその差わずか0・1ポイント。同時間帯で圧倒的な強さを見せたサンジャポもついに肉薄された。

 ワイドナショーの好調の理由は、松本の発言の注目度の高さだ。7日は覚醒剤事件で逮捕された元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)に「テレビをなめとんのか」と辛辣な言葉をぶつけたため、スポーツ紙やワイドショーでも取り上げられた。

 「SMAPの解散騒動で中居正広から相談を受けたことを明かしたことでも注目された」と放送関係者が話すように、松本の発言は常に注目の対象だ。

 昨年のネットニュース登場ランキング(ニホンモニター調べ)でも、松本は9位にランクイン。「極論もあるが、話題をふくらませるために問題提起が含まれているので、“論”として取り上げられている」とも。

 一方、かつては発言がよく取り沙汰された太田だが、「最近は注目度が少なくなっている」(情報サイト編集者)といい、前記のランキングでも10位までに入っていない。「発言がオチ扱いなので、単なる茶化したものが多く、話題になりにくい」(同)という。

 どちらのしゃべりが数字を取れるのか。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。