【TVクリップ】桐谷美玲 「世界で最も美しい顔100人」に4度、選ばれ…今週「初デートをします」って、どういうこと!?

2016.02.15

 ドラマ「スミカスミレ」に出演する、女優の桐谷美玲=東京都港区(寺河内美奈撮影)
 ドラマ「スミカスミレ」に出演する、女優の桐谷美玲=東京都港区(寺河内美奈撮影)【拡大】

■「スミカスミレ 45歳若返った女」 テレビ朝日 金曜午後11時15分

 「人生をやり直したい」−。多くの人が一度は考えるであろう空想をかなえた女性、澄(すみ)役を、松坂慶子との「2人1役」で演じる。

 「澄さんはキラキラしていて魅力的な女性。幅広い世代の方に楽しんでいただけると思いますし、私も桐谷美玲史上、最高にピュアで一生懸命な女性を演じたいと思います」

 65歳の澄は両親の介護に追われ、青春や恋愛経験を持てず、悔やむ日々を送っていた。そんな澄にある日、“奇跡”が起き、気がつくと20歳の姿に。澄は女子大生・すみれとして青春と初恋をやり直すが、やはり世代間ギャップは埋めがたく…。

 「『寒いわね、今日…シミーズ着てくればよかった』というセリフがありますが、若い人はシミーズ(女性用肌着)という言葉自体、分からないし、私も今回初めて知りました(笑) 逆に、『テンパってる』(動揺している)という若者言葉に、澄さんが『私、天然パーマじゃありません!』と返したり、とにかくギャップが面白いですね」

 体は20歳だが、心は65歳。演じるのは「すごく難しい」と語る。「体は20歳に戻っているので、ゆっくりな動きや話し方ではありません。ただ、若い人との“差”は付けないといけない。微妙なニュアンスが難しいのですが、おおらかで上品な松坂さんのようなしぐさや丁寧な言葉遣いを意識しています」

 高校1年でスカウトされ、デビュー。芸能活動と同時に大学に通い、休学期間を経て昨春、7年かけて卒業した。「意地でした。途中で投げ出すのは好きじゃないし、入学したからには卒業したかったんです」

 米国の映画情報サイトが選ぶ「世界で最も美しい顔100人」に4度選ばれる一方で、一人カラオケやゲームを楽しむという側面も。「ゲームは、RPGやパズル、レース…。いろいろやります。今、好きなのはスマートフォンの『ファイナルファンタジー』で、時間のあるときにレベル上げをしています」

 3話(19日放送予定)の見どころについて、「初デートをします」と簡潔に答える。「いろいろな問題やトラブルが何回も起きます。それを澄さんがどう乗り越えるのかが見どころです。必見です!」。端正な顔立ちに親しみやすい笑顔が浮かんだ。(本間英士)

       ◇

 <きりたに・みれい>平成元年生まれ。千葉県出身。18年のデビュー後、女性ファッション誌のモデルとして活躍。ドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」や映画「ヒロイン失格」などに出演する一方、報道番組「NEWS ZERO」では火曜日キャスターを務める。趣味はサッカー観戦で、ジェフユナイテッド市原・千葉のファン。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。