永島優美アナは“ポスト・カトパン”に相応しくない!? (1/3ページ)

2016.02.15

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ポスト・カトパンを考察。

 * * *

 “ポスト・カトパン”は誰なのか。フジテレビ退社と同時に『めざましテレビ』を卒業するカトパンこと加藤綾子アナの後任がさまざま取りざたされている。

 三宅正治アナ・軽部真一アナの“おじさん同期コンビ”が居れば、正直、女子アナは誰が来たとしても番組は揺らぐことはないだろう。

 が、八木亜希子、小島奈津子、木佐彩子、高島彩、生野陽子、そして加藤綾子…と歴代のメイン女子アナはみな女性視聴者の支持率が高い人気者ばかり。後任の女子アナにはおのずとプレッシャーがかかろう。

 フジテレビに出入りをしている制作会社スタッフが言うことには、「意外にも局内では三上真奈が推されている」という。「何かにつけて『三上を使ってくれ』と言われる」と。確かに、カトパンに仕事が集中しすぎているという理由で、彼女が担当するバラエティ番組のアシスタントが三上になったことがある。

 が、あまりの力量の違いから、また加藤の仕事が増え始めたことは視聴者の皆さんもご存知のとおりだ。

 しかし、そう言われてみれば、『めざましテレビ』での三上アナの出番は一時期よりも増えている。以前は、「三上リポーター」と呼ばれ、アナウンサーなのかフリーなのかタレントなのか、よくわからない扱いを受けていた三上。その理由は、「あまりに女子アナの出演が多いため、あえて『リポーター』と呼んでいた」(同局局員)そうだが、最近ではやっと「三上アナウンサー」と、呼ばれ方でも昇格している。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。