【フルーツカクテルの魅力】ミステリアスな柑橘フルーツ「日向夏」でマティーニ (1/2ページ)

2016.02.23

『宮崎県産 日向夏』のフレッシュ・マティーニ
『宮崎県産 日向夏』のフレッシュ・マティーニ【拡大】

 南国、宮崎県の春を代表するフルーツ「日向夏」。夏という名前がついているので、夏のフルーツのイメージがありますが旬は冬から初春。

 「日向夏」は江戸時代に宮崎市の民家で偶然に発見され、原種も不明のミステリアスな柑橘フルーツです。現在では特有の香りや風味から柚子が突然変異したものと考えられています。

 宮崎県は「日向夏」の栽培面積、生産量ともに約50%を占め全国第1位という一大生産地です。宮崎県では冬季が温暖で日照時間も長いという恵まれた気候条件気候を活かし、外で育てる露地栽培とハウスで育てる施設栽培を行っています。12月からハウス栽培が始まり、ハウス栽培の出荷が終わる3月から4月まで露地栽培の「日向夏」が出荷されています。

 「日向夏」は柚子に似たさわやかな香り、果肉はグレープフルーツと柚子が合わさったような甘くさっぱりとした味です。皮と果肉の間の白皮にも甘みがあり、果肉と一緒に食べることで他の柑橘フルーツにはない独特の風味が味わえます。今では小夏、ニューサマーオレンジなどの別名も持ち各地で親しまれていますが、「日向夏」と呼べるのは宮崎県産だけです。

 カクテルでは新鮮な宮崎県産「日向夏」をスクイザーで丁寧に搾って果汁をとり、プレミアムジンとあわせ、贅沢な“日向夏のフレッシュ・マティーニ” で提供しています。

 フレッシュフルーツ・マティーニというのはフルーツにジンやウォッカをだけをあわせてつくるシンプルなカクテル。シンプルなだけにフルーツ自体の味の良しあしがストレートに味にでる、むしろ作るのが難しいカクテルです。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。