歌丸にも不倫疑惑!?三遊亭小遊三「証拠写真を処分している最中」

2016.02.23

落語協会真打昇進襲名披露であいさつした三遊亭小遊三=東京・上野
落語協会真打昇進襲名披露であいさつした三遊亭小遊三=東京・上野【拡大】

  • <p>落語協会真打昇進襲名披露会見に出席した林家こん平=東京・上野</p>
  • <p>落語協会真打昇進襲名披露会見に出席した前列左から柳家正雀、月の家圓鏡、林家正蔵、林家こん平、柳家花緑、柳亭市馬同会会長、後列左から林家彦丸、月の家小圓鏡、林家たけ平、林家ぼたん、台所おさん=東京・上野</p>
  • <p>落語協会真打昇進襲名披露会見に出席した左から林家彦丸、月の家小圓鏡、林家たけ平、林家ぼたん、台所おさん=東京・上野</p>

 落語協会所属の真打昇進襲名披露祝賀会が22日、東京都内で行われ、落語芸術協会副会長の三遊亭小遊三(68)らが出席した。

 小遊三は、不倫騒動の渦中にいる桂文枝を引き合いに「会長の歌丸が出席する予定でしたが、上方落語の文枝師匠がフライデーされ、証拠写真がベタベタと出てきたことから、歌丸師匠も『あすはわが身』と証拠写真を処分している最中でして」と毒舌でわかせた。

 真打に昇進する落語家は、2005年に多発性硬化症と診断された林家こん平(72)の最後の弟子、林家ぼたん(36)ら。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。