大石まどか、後輩ベッキーに愛情エール「みんな待っている」 新曲お披露目

2016.02.26

国道1号の標識前で新曲をアピールする大石まどか
国道1号の標識前で新曲をアピールする大石まどか【拡大】

  • <p>新曲「命、燃えて」を熱唱する演歌歌手、大石まどか</p>
  • <p>“国道マニア”の演歌歌手、大石まどかが、国道1号線の出発点である“聖地”東京・日本橋で新曲をPR</p>
  • <p>“国道マニア”の演歌歌手、大石まどかが、国道1号線の出発点である“聖地”東京・日本橋で、デビュー25周年記念の新曲をPR</p>

 デビュー25周年を迎えた演歌歌手の大石まどか(43)が25日、都内で、24日リリースされた記念シングル「命、燃えて」のキャンペーンを行った。

 国道標識を写真に収めることが趣味の大石。初心に戻り、演歌界のナンバーワンを目指すという思いから、すべての道路の拠点である日本橋の国道1号の標識前に登場。その後、日本橋1丁目1番地1号のダイニングバーで新曲を披露した。

 同曲は伊豆の宿を舞台に、添い遂げられぬ恋をした女性のせつない女心を描いた王道演歌。

 25周年にふさわしい渾身の新作だけに、大石も渾身の熱唱。「命が燃える恋の経験は」との質問に、「一生に一度、二度、命をかけるぐらい愛する男性と出会うのはいいこと」と感想。

 不倫騒動で休業中の同じ事務所の後輩、ベッキー(31)については「いろいろありますけど、頑張ってほしいし、みんな待っている」と愛情あふれるエール。7月10日には25周年記念コンサートを都内の「北とぴあ さくらホール」で開催する。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。