米俳優ジョージ・ケネディ氏死去 日本映画にも出演 91歳、死因は不明

2016.03.01

ジョージ・ケネディさん(AP)
ジョージ・ケネディさん(AP)【拡大】

 パニック映画の「エアポート」シリーズや「人間の証明」などで知られる米俳優、ジョージ・ケネディさんが2月28日、米西部のアイダホ州で死去していたことが分かった。91歳だった。死因は不明。米メディアが一斉に報じた。ケネディ氏の孫が取材に応じた。

 1925年2月、ニューヨーク生まれ。2歳で舞台デビュー、7歳でラジオの子供番組の司会を務めた。10代から約15年間、第2次大戦などに従軍した。

 除隊後の50年代から、ロサンゼルス・ハリウッドを拠点に映画やテレビドラマに出演。67年の「暴力脱獄」でアカデミー賞助演男優賞を受賞している。

 70年代には「大空港」(70年)や「大地震」(74年)といったパニック映画に欠かせないキャストのひとりに。80年代には「裸の銃を持つ男」シリーズにも出演。

 「人間の証明」(77年)や「復活の日」(80年)といった日本映画にも出演した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。