元ものまね女王・荒牧陽子、本格復帰画策? 略奪婚のイメージ払拭できるか

2016.03.02

荒牧陽子
荒牧陽子【拡大】

 5年ほど前“ものまね女王”の名をほしいままにしていた歌手の荒牧陽子(35)が女性誌に近況をスクープされたのを機に、再び注目されている。

 2011年、バラエティー番組「スター☆ドラフト会議」(日本テレビ系)でデビューするや、1年で50近いレパートリーを開発し一躍ブレーク。しかし、わずか1年後にはノドの酷使に起因する体調不良を理由に活動を休止。

 その後、不倫が休業の原因と発覚。それも略奪婚で夫の元妻から慰謝料6000万円の訴訟を起こされるオマケ付きだった。裁判は14年7月に決着、荒牧側に300万円の支払い命令が下った。

 先月発売の「女性自身」で直撃された荒牧。仕事は年に1、2回のディナーショーがあるぐらいだと語っている。

 しかし、これについてネット上では、疑問の声が上がっている。13年の入籍当時と同様、家賃30万円とされる都内マンションに居住するほか、近況とされる写真に高級な海外ブランドのバッグなどが写っていたのだ。「同情をひきつつ本格復帰を画策しているのでは、という声が上がっています」とウェブサイト編集者は指摘する。

 一度ついたイメージはなかなか取り払えないものだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。