デタラメだらけ「ショーンK」 学歴詐称…会社経歴や整形の疑惑も 『週刊文春』報道 (1/2ページ)

2016.03.16

華麗なる経歴で注目されていたショーン氏だったが…
華麗なる経歴で注目されていたショーン氏だったが…【拡大】

 何ともあきれた話だ。落ち着いた語り口で人気のテレビコメンテーターで、経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏(47)の学歴がデタラメだったことが明らかになった。所属事務所のホームページで謝罪した同氏は、テレビ朝日系「報道ステーション」の降板など活動自粛を発表した。しかし、デタラメなのは学歴だけではないようだ。

 16日発売の「週刊文春」がショーン氏の学歴詐称疑惑を報じた。同氏は公式サイトの英文プロフィルなどで、米テンプル大卒業、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA(経営学修士)を取得したと公表していた。

 所属事務所HPで、こうしたプロフィルについて、急ごしらえのままで誤りが放置されていたと謝罪したショーン氏。

 テンプル大学は卒業しておらず、MBAもセミナーを聴講した程度であったことを認めたうえで、「活動上、特に自分の学歴について影響がなかったため、正式に公開することはしてきませんでした」と釈明。

 一方、「コンサルタント業務を行っていないかのような記載は誤り」と反論している。

 その会社の経歴にも疑惑が浮上。週刊文春は、会社サイトにパートナーとして掲載された外国人男性2人の写真が別人だと指摘。ショーン氏も同誌の取材に、写真が別人と認めたが、実在すると主張している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。