【今だから明かす あの映画のウラ舞台】香港で出会った大スター 「千葉空手」生んだブルース・リーの死 (1/2ページ)

2016.03.18

「激突!殺人拳」でアクションスターの地位を確立した千葉真一
「激突!殺人拳」でアクションスターの地位を確立した千葉真一【拡大】

  • <p>「激突!殺人拳」(DVD発売中、2800円+税、販売:東映、発売:東映ビデオ)</p>

★アクション編(上)

 東映の黄金期を支えたアクション映画。数多くのアクションスターが育つなか、ひときわ輝いていたのが千葉真一(77)。同社元宣伝部長の福永邦昭(76)が千葉の思い出を語った。

 日体大の器械体操選手で1964年の東京五輪候補でもあった千葉だがケガにより断念。中退して東映の第6期ニューフェイスに合格した。

 「体操で鍛え上げた肉体と抜群の運動神経で、新しいアクション俳優の誕生と騒がれたが、東映が彼を生かしきれなかった」

 しかしキャリアを重ねるうちに演技力が評価され、当時5歳の真田広之と共演した主演作「浪曲子守唄」(66年)や「やくざ刑事」(70年)シリーズがヒット。68年からはテレビドラマ「キイハンター」で本格的なアクションドラマをお茶の間に持ち込み、一躍スターダムに。そして73年、福永自身も思いもよらない出来事に遭遇した。

 「千葉の主演映画のバンコクロケの途中、香港に立ち寄った。その時会ったのが、香港の映画会社ゴールデンハーベストのプロデューサーとあのブルース・リーだった」

 当時の日本は、ブルース・リーどころかカンフー映画の存在もほとんど知られていなかった。もちろん福永も。

 「香港では屋台で売られる新聞や雑誌にブルース・リーが大きく掲載され、映画館の大看板にもリーの顔が。繁華街はリーであふれていた。そして彼自身が千葉の大ファンであることを知る。これはひょっとすると…」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。