整形、経歴…疑惑だらけ「ショーンK」 同業者は気づいていた本当の素顔 (1/2ページ)

2016.03.18

学歴詐称を公表したショーンKことショーン・マクアードル川上氏
学歴詐称を公表したショーンKことショーン・マクアードル川上氏【拡大】

  • <p>荻原博子氏</p>
  • <p>森永卓郎氏</p>

 学歴詐称を所属事務所のホームページ(HP)で公表した経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏(47)。学歴以外でも生い立ちをはじめ、会社の経歴、顔面整形…と新たな疑惑が次々と持ち上がっている。コメンテーターとしても活躍していた男の仰天素顔に共演者らはどんな目で見ていたのか。

 週刊文春の報道をきっかけに発覚した売れっ子コメンテーターの嘘。

 米テンプル大学卒業やハーバード・ビジネス・スクールでのMBA(経営学修士)取得など学歴詐称のほか、米国に設立したとされるコンサルティング会社の経営実態にも疑惑が浮上。高校時代の面影をまったく残さないハーフ風の顔立ちに整形手術を受けた疑いもかけられている。

 この急展開に驚きを隠せないのが、ショーン氏と同じ番組に出演していた同僚コメンテーターたちだ。

 番組で共演経験のある経済評論家の荻原博子氏は、その印象について、「すごくいい印象を人に与える人だな、と思った」と振り返る。

 「人当たりが非常によかったのが印象に残っている。人の話をよく聴いて腰も低く、笑顔を絶やさない。自己主張もあまりせず、専門家によくいるこだわりが強いタイプではなかった」

 ただ、ショーン氏の専門分野とされる企業問題や経済についての話題では首をかしげる場面もあったという。

 「雰囲気から外資系証券の方かなとも感じたけど、あれっと思ったのが、言っていることが専門的じゃないな、と」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。