石井竜也 不倫謝罪にみたお見事すぎる危機管理術

2016.03.23

不倫報道に反省の石井は妻と手をつないで姿をみせた
不倫報道に反省の石井は妻と手をつないで姿をみせた【拡大】

 不倫報道が出る直前に、事実だと認め公式ブログで謝罪。その文面のそつのなさ。また翌日には、マスコミの前に、妻と手をつないで現れて謝罪。まぁ、見事でした。

 ぐちゃぐちゃ言わずに非を認める。こうであれば、ゲスではない。取材で会ったロックバンド、米米CLUBの石井竜也(56)は実に穏やかな気配りの人であった。

 最初の結婚がうまくいかず、離婚して間もない頃だった。相手の人を思いやる言葉に誠実な生き方が見えた。

 アーティストとしてもさまざまな才能を見せていた彼は、その後、バックダンサーだった現在の奥様と再婚。お嬢さんもできた。50代半ばも過ぎて、石井竜也ワールドは揺るぎないものになったはずだった。

 しかし、マスコミは容赦しない。今や有名人はあちらこちらで狙われているのだ。

 ネットですぐに情報が拡散してしまう。お相手もついしゃべってしまう。昔から大ファンだったという女性がそばに寄ってきたら…。しかし、脇が甘かった。

 でも、あそこまでの謝罪のうまさや対応の速さは、これからのお手本になるか、危機管理の参考にはなるのでは。

 清原和博被告(48)の保釈や、学歴詐称のショーンKことショーン・マクアードル川上氏(48)など世間の耳目を集めるニュースもあったことで、チャンチャンで終息。恐れ入りました。

 ■武藤まき子 中国放送(広島)アナウンサーを経て、フジテレビ「おはよう!ナイスディ」のリポーターに。現在、フジの「情報プレゼンター とくダネ!」などの情報番組を中心に出演中。芸能、歌舞伎、皇室を主に担当する。著書にリポーター人生をつづったエッセー「つたえびと」(扶桑社刊)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。