小芝風花 ブレーク寸前の気配が香ります (1/2ページ)

2016.03.24

「水着もあり、将来的にお宝化の可能性も」。神田神保町・荒魂書店((電)03・3291・8831)
「水着もあり、将来的にお宝化の可能性も」。神田神保町・荒魂書店((電)03・3291・8831)【拡大】

 いよいよ絶好調のNHK連続テレビ小説「あさが来た」も終盤に。

 ヒロインは朝ドラ史上最もお金持ちのお嬢様、あさ。しかし、次々と巡ってくるピンチに、立ち向かっていく姿がナイスでした。

 ヒロインを演じた波瑠様を取材させていただいたのは2014年9月。初主演映画「がじまる食堂の恋」公開時でした。

 そのときは「ブレークしたいとはあまり思っていないんです。長く女優を続けたい」と語っておられました。

 これは、一気に人気が出て、一気に消えてしまうような女優にはなりたくないという意味なのですが、もう女優としての将来も安泰でしょう。

 同ドラマでは新人女優の活躍も目立ちました。

 前半は、ふゆ役の清原果耶様。後半は、丸メガネの宜ちゃん・田村宜を演じた吉岡里帆様に注目が集まっています。

 そして、個人的に今年のイチ推し女優にしたヒロインあさの娘、白岡千代を演じている小芝風花様がキテますなぁ。

 昨年末、恒例のオスカープロモーション晴れ着撮影会で、とにかく輝いていた彼女。いわゆる、ブレーク前のタレントに出る“華”を感じました。

 本人に「香りが出ているね」と伝えると「ホンマですかぁ!」とかわいく喜んでくれました。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。