中江有里の「おひとり様」 スマホに俳句詠ませ

2016.04.27

ちょっと変わったスマホの使い方を明かした中江有里
ちょっと変わったスマホの使い方を明かした中江有里【拡大】

 女優で書評家などマルチな顔を持つ中江有里(42)が26日、思わずひとり暮らしの楽しみ方を暴露してしまった。果たして、それは寂しいのか、楽しいのか。

 同日放送のフジテレビ「とくダネ!」で、スマートフォンの使い方をめぐり、日本人と外国人のギャップを取り上げたときのこと。外国人からみれば、日本人はなぜスマホの音声検索システムを使わないのかという話題に。

 スタジオの大半が「使うのは恥ずかしい」との意見で一致していたが、コメンテーターとして出演していた中江は、ひとり「使いますよ。ひとりで話しかけてます」と発言。共演者からつっこまれると、恥ずかしげに「ひとり暮らし」だからと釈明。

 しかし、何を検索しているのかというと、「俳句詠んでっていうんです。詠んでくれるんですよ」と意外な使い方が判明したのだ。これには、小倉智昭キャスターも驚きの表情を浮かべ、「有里ちゃん、寂しいね」とポツリ。

 「中江は2002年に製作会社の男性と結婚しましたが、10年に離婚しています。以降はフリー。でもかなりまじめな趣味人なので、今の生活を楽しんでいるようです」と女性誌編集者。

 それにしてもスマホの詠む俳句とは、どんな趣なのだろう。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。