橋本マナミ 超売れっ子でもエロス健在 既婚者からのオファーいまだ途絶えず (1/2ページ)

2016.05.06

橋本マナミ
橋本マナミ【拡大】

 3年前にはグラビア・アイドルの1人にしかすぎなかった橋本マナミ(31)が、テレビに映画にイベントに、「まったく自分でも予想できなかった」ほどの活躍を続けている。世の男性に愛されながら、様々なフィールドへ羽ばたいていくマナミを直撃した。

 休みがない! 今や寝る暇もないほどの超売れっ子だが、ほんわかムードはまったく変わらないのがすごい。いつの間にか、マナミワールドに引き込まれてしまう。

 「アハハッ、寝てますって。でも、自分でも不思議なほどの忙しさ。昔の私からしてみたら奇跡でしかないです。何でこんなに状況が変わったのか、分かんない。いったい何で? とにかく周りの方々に感謝ですね」

 驚異のブレークぶりだ。お昼のフジテレビ系『バイキング』の金曜レギュラーに抜擢され、ドラマ『不機嫌な果実』(テレビ朝日系、金曜夜)に出演。7月2日公開の映画『全員、片想い』のなかの一編『イブの贈り物』では主演を務める。

 ■緊張、バラエティー

 「実はバラエティーはナマが多くて。バイキングも、よく出演させていただく『サンデー・ジャポン』(TBS系)もそう。緊張するし、瞬発力の勝負ですね。ニュースのコメントを求められることも多いので、今までにないほど勉強しています。私にとってのバラエティーのあり方が変わりましたが、いいきっかけになっています」

 ドラマは、以前はセクシーなお姉さん的な端役が多かったが、徐々に立ち位置が変わってきた。

 「まだ、話題性とキャラクターで呼ばれている段階ですけどね。早く女優として見られるようになりたい。でも、いい役は増えてきました。『不機嫌な果実』は不倫が、『イブの贈り物』は純愛がテーマ。正反対だけど自分なりに使い分けて、楽しく演じられました」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。