桑田佳祐、達郎&まりや 夜のニュース彩る大物たちの旋律 (2/2ページ)

2016.05.11

夜のニュース番組を桑田佳祐(写真)や竹内まりやの音楽が彩る
夜のニュース番組を桑田佳祐(写真)や竹内まりやの音楽が彩る【拡大】

  • <p>夜のニュース番組を桑田佳祐や竹内まりや(写真)の音楽が彩る</p>

 「報道ステーション」(テレビ朝日系)のオープニング曲『Starting Five』も歌はなくJ Squadという5人編成のジャズバンドによる。全員がニューヨークを拠点に個々に活動し、今回のためにコラボした。トップアーティストたちの演奏は、宴の始まりを感じさせる高揚感で旋律が耳に残る。葉加瀬もそうだが、一流どころの演奏は、楽器が雄弁だ。

 「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のエンディングで流れているのは宇多田ヒカル(33)の『真夏の通り雨』。“人間活動”への専念を終えての歌手活動再開。ファンからは「声がやさしくなった」「歌にあたたかみが増した」などの声も聞かれる。宇多田自身、「活動休止中に自分の発声方法を見直せた」ことや「赤ん坊に毎日、日本の童謡を歌ってるうちに日本語を丁寧に伸びやかに発声する癖がついたのかも」と明かしている。

 今日を終え、明日への橋渡しとなる番組のエンディング曲には、さまざまな思いが込められ、駆け巡っている。

 ■酒井政利(さかい・まさとし) 和歌山県生まれ。立教大学卒業後、日本コロムビアを経てCBS・ソニーレコード(現、ソニー・ミュージックエンタテインメント)へ。プロデューサー生活50年で、ジャニーズ系・南沙織・郷ひろみ・山口百恵・キャンディーズ・矢沢永吉ら300人余をプロデュースし、売上累計約3500億円。「愛と死をみつめて」、「魅せられて」で2度の日本レコード大賞を受賞した。2005年度、音楽業界初の文化庁長官表彰受賞。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。