演歌界のプリンス「黒木じゅん」改名で心機一転 移籍第1弾発売

2016.05.19

デビュー25年を改名して挑む黒木じゅん
デビュー25年を改名して挑む黒木じゅん【拡大】

 昭和の大ヒット曲「霧にむせぶ夜」で知られる黒木憲の息子で歌手の黒木じゅん(50)。テイチクレコード移籍に伴い黒木憲ジュニアから改名し、18日に移籍第1弾シングル「いのちの花だから」を発売した。

 歌手デビュー25年。同曲の作曲家で父の恩師でもある鈴木淳氏に弟子入りし、新人に戻った気持ちで猛レッスンを受けた。「霧にむせぶ夜」も鈴木の作曲だ。

 「親子でお世話になる鈴木先生から“じゅん”をいただいた。中途半端はできない。身の引き締まる思いです」

 父の面影が重なる端整なマスクに、強い決意がにじむ。「初めての演歌系のムード歌謡。先生の思い入れの強い作品で、最近にはないサウンドが懐かしくもあり新鮮」

 今年に入り老人ホームを慰問、そこで歌の力も実感した。「父の『霧にむせぶ夜』のメロディーが流れた途端、手拍子が起きたんです。みんな笑顔になったのをみて、施設スタッフの方々も、今後、歌のイベントを増やしたいと」

 心機一転、黒木じゅん。ぜひご注目あれ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。