「笑点」新司会は春風亭昇太  歌丸「『いつもの笑点だ』と言い聞かせてやりましたが…」

2016.05.23

 フォトセッションで握手を交わす桂歌丸(左)と春風亭昇太(右) =22日午後、東京都千代田区の日本テレビ (撮影・大橋純人)
 フォトセッションで握手を交わす桂歌丸(左)と春風亭昇太(右) =22日午後、東京都千代田区の日本テレビ (撮影・大橋純人)【拡大】

 日本テレビ系の人気演芸番組「笑点」の司会を務めてきた落語家の桂歌丸さん(79)が22日、最後の出演を迎え、番組内で「50年間本当にありがとうございました」と語った。後任の6代目司会者には春風亭昇太さん(56)が就くと発表した。

 歌丸さんは1966年5月の番組放送初回から出演。2006年から司会を務めた。今後は“終身名誉司会”として番組に携わる

 歌丸さんは、番組後の会見で「『いつもの笑点だ』と自身に言い聞かせてやりましたが…。50年歩んできた笑点とお別れするのは正直寂しいですけど、次に譲らなかったら番組は続かない」と心境を語った。

 昇太さんは06年から大喜利レギュラーメンバーに加入。「(話を聞いて)えーっと思った。歌丸師匠の後というプレッシャーはありますが、考えてもしょうがない。一生懸命やりたいと思います」と意気込みを語った。昇太さんの“昇格”に伴う新メンバーは29日の生放送で発表される。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。