三遊亭円楽“最後の切り札”宣言「視聴率が下がったら私の出番」

2016.05.23

記者会見中も桂歌丸(手前左)に毒づく、三遊亭円楽(右奥)
記者会見中も桂歌丸(手前左)に毒づく、三遊亭円楽(右奥)【拡大】

 落語家、桂歌丸(79)が22日に生放送された日本テレビ系演芸番組「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」(日曜後5・30)で、大喜利司会を引退した。新司会に有力視されていた三遊亭円楽(66)は“敗戦の弁”。「最後の切り札として取っておくんです。昇太がうまくいかず、視聴率が下がったときは私の出番。昇ちゃんが孤独死するかもしれないし…」と毒づきつつ、「歌丸さんが引退なさった後は、皆で支えていくという気持ち」と話した。

◆林家木久扇(78)「みんな(大喜利の)3問目に泣き出すのではと思った。半分ホッとして半分残念」

◆三遊亭好楽(69)「最後の歌丸師匠の涙でもうダメでした。寂しいです。さらばいとしき人よ」

◆三遊亭小遊三(69)「いつも『早く終わって』と思っているけど、今日は大喜利をずっとやっていたかった」

◆林家たい平(51)「歌丸師匠があそこに座っているだけで安心感があった。その安心感の中で育ててもらった」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。