人気セクシー女優の葵つかさ、ファンがツイッターで襲撃予告 なぜ標的に (1/2ページ)

2016.06.03

愛らしいルックスでファンも多い葵つかさ
愛らしいルックスでファンも多い葵つかさ【拡大】

 アイドル活動をしていた亜細亜大3年、冨田真由さん(20)の刺傷事件で、容疑者の男が脅迫文を送っていたとして注目されたSNS。今度は、アイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」のメンバーでセクシー女優の葵つかさ(25)が「死神」と名乗る人物からツイッターで脅迫を受けていることが明らかになった。5日から始まる全国ツアーでの襲撃予告もあり、ネットは騒然となっている。

 葵はグラビアアイドルから、2010年にAVに転身した“美少女”系の人気女優。最近では「恵比寿★マスカッツ」のような活動に加え、一般映画にも出演するなど活動の幅を広げている。

 「死神」名義のアカウントが開設されたのは5月29日。脅迫専用とみられ、いきなり「ブス!ブサイク!死ね!」と中傷。同30日には「小金井の二の舞いになりたいか? 気をつけて夜中一人で、外を歩く時は」と冨田さんの事件を引き合いに出す卑劣さだ。

 恵比寿★マスカッツは5日の札幌から8月12日の東京まで、全国10カ所11公演の「全国暴走ツアー2016〜タイホしちゃって〜」を開催。

 1日には「全国ツアーどこかで何かあるかも。気を付けろ。おまえのこと、襲いにいってやる」と、それこそ“暴走”気味の襲撃予告も。

 葵本人も、恐怖と困惑で「どうしたらよいか、わからなくて」と、ツイッター上で不安を吐露している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。