草刈正雄 真田丸の台本は「喫茶店で覚えている」と明かす (1/2ページ)

2016.06.04

 信州上田から大阪に舞台を移し、ますます目が離せないNHK大河ドラマ『真田丸』。主人公・真田信繁の父で、知略に優れたクセ者、昌幸を演じる草刈正雄(63才)の演技も話題だ。そんな草刈に、印象的なシーンや台本の覚え方などを聞いた。

 −−台本はどうやって覚えていますか?

 草刈:喫茶店で覚えています。知り合いに「やってごらん、はまるかもしれないよ」と勧められて、やってみたんです。若い人が話していたりパソコンをしたりしてるから、初めは「こんな賑やかなところで、よく台本を覚えられるなあ」って思っていたんだけど、はまっちゃってね(笑い)。

 喫茶店は台本を覚える所と決めて、家ではやらなくなりました。仕事がない日は毎日、朝7時か8時頃行って、1、2時間くらい台本を読んで帰ってきます。

 −−決まった喫茶店がある?

 草刈:お気に入りの喫茶店が2、3軒あります。声は出せないから、頭の中で繰り返し読むんですけど、声を出さなければいけない台詞もありますから、そういうものは、家でも読みます。

 −−喫茶店にいると、草刈さんだと周りが気づくのでは?

 草刈:気づく人もいるけど、構わないでいてくれますよ。時々「見てますよ」と声をかけてくれるのは、嬉しいですね。

 −−ドラマで、印象的なシーンは?

 草刈:三谷幸喜さんが書く決め台詞は、印象的なものが多いですよね。たとえば「大博打の始まりじゃあ!」とか、西村(雅彦)君の言っていた、「黙れ小童(こわっぱ)!」とかね。ああいうのは楽しいですよね。

 「チクショウー!」Tシャツをスタッフの方が作ってくれて、みんなで着ているんですよ。ぼくの顔がプリントされていて、その横に「チクショウー!」って入っているんです。欲しいでしょ? でも非売品です(笑い)。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。