【編集局から】NHK「おはよう日本」番組エンディングで被災地への心遣い

2016.06.16

阿部渉アナウンサー
阿部渉アナウンサー【拡大】

 震度7を2度も記録した熊本地震も、発生から2カ月がたちました。現地ではいまだに余震が続き、先日も八代市で震度5弱を観測しています。

 そんな被災地で、ついに石原軍団が炊き出しを行いました。2011年の東日本大震災以来、5年ぶりですが、今回もカレーや豚汁、おしるこなど1万2000食を用意したそうです。

 さらにジャニーズの木村拓哉、長瀬智也、岡田准一も合流し、被災した人たちを喜ばせました。とはいえ、まだ仮設住宅への入居がスタートしたばかりと、被災地の復興はこれからといったところです。

 そんななか、ちょっとした気遣いを感じたことがあります。NHKの朝のニュース番組「おはよう日本」でのことです。

 エンディングの阿部渉アナウンサーのあいさつが、これまでは「きょうも1日、お元気で!」と締めていたのですが、「では、これで失礼します」と変わったのです。「熊本地震の発生直後から変わりました。被災地への心遣いのようです」とNHK関係者。

 阿部さんのあいさつが「お元気で!」に戻る日が一日も早く来ることを願うばかりです。 (F)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。