徳光和夫さん 75歳のいまもフル稼働中

2016.06.21

「第16回虹の架け橋まごころ募金コンサート〜歌でつなぐ心の絆〜」の発表会に登場した徳光和夫(前列左端)
「第16回虹の架け橋まごころ募金コンサート〜歌でつなぐ心の絆〜」の発表会に登場した徳光和夫(前列左端)【拡大】

  • <p>第16回「虹の架け橋 まごころ募金コンサート」の制作発表に出席した前列左から徳光和夫、長山洋子、五木ひろし、三船和子、城之内早苗、後列左から羽山みずき、エドアルド、松原健之、氷川きよし、さわち美欧、ジェロ、三丘翔太=東京・千駄ヶ谷</p>

 フリーアナウンサーの徳光和夫(75)がフル稼働中だ。20日、東京都内で行われた一般社団法人・日本音楽事業者協会(音事協)の「第16回虹の架け橋まごころ募金コンサート〜歌でつなぐ心の絆〜」の発表会にも登場した。

 2日前には新潟で行われたAKB48選抜総選挙で司会を務めた徳光。2001年には急性心筋梗塞で緊急入院したが、そんなことも感じさせない八面六臂の活動ぶり。

 同コンサートの司会は6回目。今回は4月14日に発生した熊本地震への支援も目的とあって、「被災地に思いを届けたい」と語る徳光。

 「75歳になっても仕事に明け暮れるのは、フリーアナの次男、正行がふがいないから。もともと親のすねかじりだったが、七光りもありキャスターになって結婚もしたのに、昨年離婚。安心して引退もできないんです」と放送関係者。

 コンサートは10月6日、NHKホールで開催。五木ひろし(68)や長山洋子(48)、氷川きよし(38)ら総勢17組が出演予定だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。