大河主演級大物俳優、逮捕秒読みか 高知逮捕に続き芸能界激震情報 ヤクザ映画にも出演 尿検査を拒否 (1/2ページ)

2016.06.28

警察は大物芸能人逮捕を狙っている=警視庁、東京・霞が関
警察は大物芸能人逮捕を狙っている=警視庁、東京・霞が関【拡大】

  • <p>高知東生容疑者</p>
  • <p>ASKA</p>
  • <p>清原元選手</p>

 覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元俳優、高知東生(たかち・のぼる)容疑者(51)。逮捕のショックが尾を引くなか、今度は誰もが知る大物俳優に「逮捕秒読み」の衝撃情報が飛び交っている。内偵捜査を進めてきた警察当局は、すでに覚醒剤の使用に関する決定的な証拠を押さえたという。事態が弾ければ、芸能界を揺るがす大スキャンダルに発展するのは間違いない。

 清原和博・元プロ野球選手(48)、人気ミュージシャンのASKA(58)、元「歌のお兄さん」こと歌手の杉田光央被告(51)…。覚醒剤に溺れる有名人が後を絶たない。

 関東信越厚生局麻薬取締部に24日、逮捕された高知容疑者は26日、東京地検に身柄を送検された。都内の自宅からは覚醒剤を吸引する際に使用するとみられるストローが押収されており、常習性も疑われるという。

 警察当局が目下、徹底マークする大物俳優は、NHK大河ドラマの主演級でヤクザ映画にも出演。一般的にはさわやかなイメージで通っている。

 捜査関係者によると、覚醒剤の常習者として以前からリストに載り、ある薬物中毒者の逮捕をきっかけに改めて行動確認を行ったところ“クロ”となる証拠が続々と出てきた。条件さえ整えば、いつでも身柄を確保できる状況という。

 この俳優について、芸能事務所の関係者が興味深いエピソードを明かす。

 「清原さんが逮捕されて以降、各プロダクションは所属タレントに薬物使用者がいないか確かめるため、尿検査を行った。しかし、この俳優だけはかたくなに拒否したという。そのせいで、業界内でも怪しいと噂されるようになった」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。