高知東生“ヒモ”半生 超人気AV女優と結婚→高島礼子と再婚 人たらしの甘ったれ

2016.07.01

高知東生容疑者
高知東生容疑者【拡大】

 覚醒剤などの不法所持で逮捕された元俳優、高知東生容疑者(51)。転落の陰から見えてくるのは、“生来の人たらし”と“ヒモ”半生だった。

 俳優デビュー前、AVスカウトマンをしていた高知容疑者。渋谷界隈のスカウト関係者の間では、本名である大崎丈二から「ジョージ」と呼ばれていた。

 「普通、スカウトマンのイケメンといえば、相場はチャラ男だったが、彼は異性だけでなく、同性、特に年上にもかわいがられる不思議な魅力があった。当時、売れっ子AV女優を多数抱えていた事務所関係者からも『ジョージ、ジョージ』と目にかけられていた」と業界関係者。

 それを象徴するのが最初の妻であり、元AV女優のあいだももとの結婚だ。関係者は明かす。

 「あいだは90年のAVデビュー時、複数のビデオメーカーが同時に売り出した鳴り物入り。それがわずか5カ月で引退し、91年に結婚。業界の常識的にスカウトマンと超人気AV女優の結婚なんてありえない。しかしあいだの事務所社長は『まあジョージだから』とお咎めなしだった」

 あいだとの結婚は、当時16本のビデオに出演し稼いだ数千万円のギャラ目当てだったとの声もある。その後、今度は女優、高島礼子(51)と再婚し、さらに成り上がっていく。

 「当時は格差婚と騒がれたが、高島は高知に心酔していた。結婚に猛反対していた高島の父すら最終的には取り込む“人たらし”ぶり。たらし込んで、うまい汁を吸う。結局は甘ったれたヒモでしかなかったというわけだ」と高知容疑者を知る出版関係者。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。