小倉智昭氏、大橋巨泉さん悼む 「本当に僕の師匠だったし、恩人でした」

2016.07.20

小倉智昭氏
小倉智昭氏【拡大】

 20日放送のフジテレビ系「とくダネ!」で、大橋巨泉さんの思い出を語ったキャスター、小倉智昭氏(69)。「巨泉さんがいなければ、今の僕はなかった」と大恩人の死を悼んだ。

 「本当に僕の師匠だったし、恩人でした」と思いの丈を語る小倉氏。「40年前に競馬場で声をかけられて。一緒に競馬の仕事をやらないかと」と出会いを振り返った。

 そして「人の媒酌人はやらない人だったけど、僕ら夫婦の媒酌人はやってくれたんですよね」と亡き師匠をしのんだ。

 訃報をきいたときは「相当うろたえた」といい、「覚悟はしていたが、まさかこんなに早く別れがくるとは」と悲しげな表情に。

 18日の通夜で最後の別れを果たしたが、「本当に細くなっちゃって面影なかったですけど、最後のお別れだったのでありがとうございましたと話しかけてきた」。

 巨泉さんの最期については、妻の寿々子さんの話として「最後は言葉も話せなくなり『ありがとう』しか言わなくなった。それも出なくなると指で3と9をつくって、サンキューと伝えたそうなんですよ」と伝えた。

 浄土真宗だった巨泉さんの法名は「巨泉院釈克導」。「歴史上の人物しか自分の名がつくことはないのですが、住職さんが巨泉さんくらい活躍したらいいんじゃないですかとおっしゃって。本名が克巳なので克がつけられた」と説明した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。