沢村一樹“エロ男爵”封印で変“心”だ!! 「仮面ライダーゴースト」出演

2016.08.05

変身ポーズも今回は渋く
変身ポーズも今回は渋く【拡大】

  • <p>映画「仮面ライダーゴースト 100の眼魂(アイコン)とゴースト運命の瞬間」</p>

 「まさか自分の人生でライダーに変身する瞬間が来るなんて。うれしいですよ」

 6日公開「仮面ライダーゴースト 100の眼魂(アイコン)とゴースト運命の瞬間」で仮面ライダーゼロスペクターに変身する沢村一樹(49)は語った。

 劇中では、主人公の天空寺タケルとともに仮面ライダースペクターとして敵と戦う深海マコト(山本涼介)の父、大悟を演じるが、実際にも高1、中1、6歳と3人の息子を持つ。「今回はオファーじゃない。僕がどうしてもライダーに出たいとお願いしたんです」と明かす。

 もちろん自身もライダー世代だが、「一番下の息子がライダーの大ファン。僕がライダーに出ると教えると『今年の夏は本当に楽しみだ』とセリフめいた言葉が飛び出すほどの喜び方でしたよ」と眼を細める。

 劇中では、敵と戦うため、マコトと娘のカノンから距離を置く父親を演じる。マコトからは「自分たちを捨てた」と責められるが、そこには深い愛情が隠されていた。「父と息子の絆を描いています。お父さん方にはぜひ夏休みに子供と一緒に見てほしいですね」

 演じる大悟に、早くに父を亡くした自分をどことなくダブらせる。「子供には『人生は自分のものだから、自分の足で生きてほしい』と話しています。でも父親として、いつもどこかで見ていることは伝わればと思っています。僕の背中をみても参考にはならないけど、高1の息子にも腕相撲ではまだ負けません。圧勝です」

 いつもの“エロ男爵”も封印。カッコイイ親父をばっちり見せてくれる。「バラエティーやイベントでしゃべると出てきてしまうけど、劇中では見せませんよ」 (福田哲士)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。