橋本マナミに下着を貸した長澤まさみの「気配り力」 (1/2ページ)

2016.08.07

 “国民の愛人”こと、Gカップグラドルの橋本マナミ(31)から飛び出した「パンティ発言」が、世の男性を悶々とさせている。

 〈「下に何かはいてますか?」と言われたけど、何もはいていなかったので、長澤(まさみ)さんが自分の下着を脱いで貸してくれました〉

 バラエティ番組などで人気の橋本は、最近では女優としても活躍しており、大河ドラマ『真田丸』(NHK)には細川忠興の正妻・細川ガラシャ役で出演中。「“国民の愛人”が正妻を演じられるのか」と話題になった。NHK関係者がいう。

 「橋本さんは、大河出演が決まってから熱心にガラシャについて調べていて、“絶世の美女”と呼ばれていたことを知って大喜びしていた。エステの回数を増やしたり、すごく気合いを入れているそうです」

 そんな橋本がウェブマガジンのインタビューで、共演者の長澤まさみ(29)との関係を聞かれたときに答えたのが冒頭のエピソードだ。

 長澤がパンティを脱いで、橋本が、その脱ぎたてのパンティをはく−−。この生唾モノのやり取りは、リハーサル時に長澤が、橋本の衣装のお尻部分が破けているのを見つけたことで生まれたという。

 「ちょっとお尻が破けただけでそこまで?」と疑問に思うかもしれないが、橋本は「ノーパン派」として有名なタレント。テレビ番組では、「普段も露出癖が……。私服の時、ノーパン・ノーブラでいるとドキドキする」と告白し、視聴者を興奮させてきた。長澤もその“性癖”を知っていたから「はいてますか?」と尋ねたのだろう。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。