サブちゃんもSMAP紅白待望!「最後に締めくくることができれば素晴らしい」

2016.08.15

SMAPの5人にエールを送った北島三郎。イベントでは「故郷に恩返しのつもりで来ました!」と語りかけた=北海道知内町
SMAPの5人にエールを送った北島三郎。イベントでは「故郷に恩返しのつもりで来ました!」と語りかけた=北海道知内町【拡大】

  • <p>「サマーカーニバル」に出演した(左から)原田悠里、瀬川瑛子、北島三郎、伍代夏子、島津亜矢</p>
  • <p>「サマーカーニバル」に出演した(左から)瀬川瑛子、北島三郎、伍代夏子</p>
  • <p>「サマーカーニバル」に出演した(前列左から)川野夏美、北島三郎ら</p>

 歌手、北島三郎(79)が14日、故郷の北海道・知内町(しりうちちょう)で行われた野外演歌イベント「サマーカーニバル」に出演した。解散が報じられたSMAPについて「最後は『紅白』で締めくくることができれば素晴らしい」と報道陣に語った。

 歌謡界の“御大”からも、SMAP紅白待望論だ。「NHK紅白歌合戦」をはじめ、SMAPが今年最後に生歌を披露した3月12日のNHK「震災から5年“明日へ”コンサート」などさまざまな音楽番組で共演してきた。

 北島は2013年大みそかの「紅白」を最後に紅白を卒業した。その際、代表曲「まつり」を一緒に熱唱し、木村拓哉(43)に対して「これからは、あなたたち若い人がみんなを引っ張って」と激励した。「SMAPは大好き」と親近感を抱いていた。それだけに解散のニュースは「本当か?と聞きたくなる」というほど驚いた。

 「解散の事情は分からないけど、SMAPとして築き上げたものを根っこに置いて、心新たに力強く進んでいってほしい」と進言。「紅白」出場のススメは、「もめたままで解散するのは印象がよくない」との心配も心底にはある。

 「一人一人は司会や芝居に達者だから、安心して見ていられる。風当たりも強いだろうが、ファンの方は解散しても応援してほしい」と思いやった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。