NHK杉浦友紀アナ タイトな衣装のリオ現地調達説を否定 (1/2ページ)

2016.08.19

 日本選手のメダルラッシュに沸いたリオ五輪。時差12時間の昼夜逆転スケジュールの中、テレビ局は中継を盛り上げるため、今回もキャスターやレポーターに大物芸能人を起用した。民放キー局の局員が言う。

 「TBSはSMAPの中居正広、日本テレビは嵐の櫻井翔、テレビ朝日は福山雅治をキャスターに起用しましたが、“華”という点で今回はかなり寂しかった。各局、ブラジルの治安を懸念し、女子アナの派遣人数を制限したんです。エース女子アナが現地入りしている局は少なく、物足りなさを感じました」

 そんな中、圧倒的な存在感を放ったのがNHKの杉浦友紀アナ(33)だ。

 上智大学在学中にミスソフィアに選ばれた美貌に加え、推定Gカップの巨乳の持ち主。スポーツ番組を主に担当しており、同局の『サタデースポーツ』や『サンデースポーツ』などに出演しているため、一部のファンからは“週末の女神”とも言われている。

 競泳400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介への取材時、「水をください」という萩野に自分の飲みかけのペットボトルを渡し、“間接キスした”ことも話題となった。

 リオ五輪では、彼女の服装が大きな注目を集めた。NHK関係者が言う。

 「彼女はふだん巨乳が注目されることが嫌なのか、体のラインが強調されない衣装を着ることが多いのですが、リオに入ってからタイトな衣装を着る機会が増えた。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。