「21世紀の偉大な映画100位」の全作品リストはコレだ 英BBCが発表 (1/3ページ)

2016.08.25

 英BBC放送は24日までに、「21世紀の偉大な映画100位」を発表した。

 世界中の映画評論家177人が2000年以降の映画から「新たな古典」と呼ぶにふさわしい作品を選んだ。21世紀は2001年からだが、新たなアジア映画が現れた2000年も含めたという。

 全作品は次の通り。(左から順位、作品名、監督、公開年)

  ◇

100位 『トニ・エルトマン』(マーレン・アーデ、2016)

100位 『レクイエム・フォー・ドリーム』(ダーレン・アロノフスキー、2000)

100位 『カルロス』(オリヴィエ・アサヤス、2010)

 99位 『落穂拾い』(アニエス・ヴァルダ、2000)

 98位 『10話』(アッバス・キアロスタミ、2002)

 97位 『ホワイト・マテリアル』(クレール・ドニ、2009)

 96位 『ファインディング・ニモ』(アンドリュー・スタントン、2003)

 95位 『ムーンライズ・キングダム』(ウェス・アンダーソン、2012)

 94位 『ぼくのエリ 200歳の少女』(トーマス・アルフレッドソン、2008)

 93位 『レミーのおいしいレストラン』(ブラッド・バード、2007)

 92位 『ジェシー・ジェームズの暗殺』(アンドリュー・ドミニク、2007)

 91位 『瞳の奥の秘密』(フアン・ホセ・カンパネラ、2009)

 90位 『戦場のピアニスト』(ロマン・ポランスキー、2002)

 89位 『頭のない女』(ルクレシア・マルテル、2008)

 88位 『スポットライト 世紀のスクープ』(トム・マッカーシー、2015)

 87位 『アメリ』(ジャン=ピエール・ジュネ、2001)

 86位 『エデンより彼方に』(トッド・ヘインズ、2002)

 85位 『預言者』(ジャック・オーディアール、2009)

 84位 『her/世界でひとつの彼女』(スパイク・ジョーンズ、2013)

 83位 『A.I.』(スティーヴン・スピルバーグ、2001)

 82位 『シリアスマン』(コーエン兄弟、2009)

 81位 『SHAME −シェイム−』(スティーヴ・マックイーン、2011)

 80位 『父、帰る』(アンドレイ・ズビャギンツェフ、2003)

 79位 『あの頃ペニー・レインと』(キャメロン・クロウ、2000)

 78位 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(マーティン・スコセッシ、2013)

 77位 『潜水服は蝶の夢を見る』(ジュリアン・シュナーベル、2007)

 76位 『ドッグヴィル』(ラース・フォン・トリアー、2003)

 75位 『インヒアレント・ヴァイス』(ポール・トーマス・アンダーソン、2014)

 74位 『スプリング・ブレイカーズ』(ハーモニー・コリン、2012)

 73位 『ビフォア・サンセット』(リチャード・リンクレイター、2004)

 72位 『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(ジム・ジャームッシュ、2013)

 71位 『熱波』(ミゲル・ゴメス、2012)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。