小倉智昭、涙の反論 “覚醒剤俳優”に逮捕当日、現金渡す 文春“資金源報道”

2016.09.01

小倉智昭
小倉智昭【拡大】

 1日発売の週刊文春に「覚せい剤逮捕俳優は小倉智昭が『資金源』だった」と題する記事を掲載された小倉智昭(69)が同日、キャスターを務めるフジテレビの朝の情報番組「とくダネ!」で騒動に言及。涙に震えながら反論した。

 記事は、8月25日に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された俳優で画家の庄司哲郎(49)が、逮捕当日会っていたのが小倉でその際、小倉が庄司に現金を渡したと伝えている。庄司は以前、小倉の所属する芸能事務所に籍を置き、小倉からは“弟分”としてかわいがられていた。

 これについて小倉は「彼はその席で竜の絵を描いたからと持ってきてくれた。(お礼に)30万円だけ渡した。大変才能があり、いま彼のような油絵を描けるような人はとても少ない。彼を世に出したいと思って応援してきた」とコメント。最後は「資金源と書かれたのはつらい。がんを知ったときよりもつらかった」と涙声になりながら「資金源」との報道を否定した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。