「エヴァ」で億単位の収入だった及川眠子さん 「結婚」に悔いなし 周囲からは詐欺師にも見えた元夫も (1/3ページ)

★及川眠子さん『破婚−18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間−』(新潮社、1400円+税)

2016.09.11

連載:ブック

及川眠子さん(平賀正明撮影)
及川眠子さん(平賀正明撮影)【拡大】

  • <p>及川眠子さん(金正太郎撮影)</p>
  • <p>及川眠子(著)『破婚−18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間−』(新潮社、1400円+税)</p>

 Wink「淋しい熱帯魚」などの名曲を生み出してきた作詞家の著者が、トルコ人の元夫と過ごした13年間のすさまじい夫婦生活を赤裸々に告白する。タカられ続け巨額な借金を背負った上、離婚直前にはネットに中傷を書き込まれたり。それでも「後悔は1%もない」、と。“破婚”の経験を生きる糧に換えた実体験物語だ。 (文・金正太郎)

 −−元夫の結婚は金目当てでは

 「確実に愛情があった、そう私は思っています。だから、人にとやかく言ってもらいたくない。水が高い所から低い所に流れるように、お金は流れていくもの。私は稼いでいるわけだし、だまされているという気持ちはありませんでした。私の中には『女は男に食わしてもらう』という概念はないですが、でも、元ダン(元夫)のお金に対する不信感は最後まで拭えなかった」

 −−エヴァンゲリオンのオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」が大ヒット

 「だから経済的には困ってなかった。億単位で入る年もありました」

 −−元夫にはいい面もあったのでは

 「愛もさることながら、面白いっていう気持ちが強かったですね。彼がお金がらみのトラブルを運んでくる。そのたびに振り回されて、気持ち的にも状況的にも平穏じゃないんです」

 −−借金の口実がすごい

 「手を替え品を替え、いろんな口実を言ってきましたね。最後の5年間はホテル建設や仕事のこと。そこでも裁判だの裏金だの、建設費、人件費、いろいろ。だまし取ろうというのではなく、単純に甘えれば何とかしてくれるという“保険”だったと思います」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。