【美人学芸員・太田在のミュージアム探訪】戦国時代のヒーロー・伊達政宗の「仙台城」探訪

2016.09.15

太田在
太田在【拡大】

  • <p>太田在</p>

 東京駅から東北新幹線「はやぶさ号」に乗って仙台駅に。東京駅から約90分、思っていたより仙台って近いんですね。仙台といえば、牛タン、ずんだ餅、そして何と言っても伊達政宗!!伊達政宗が愛馬に跨る誇らしげなあの銅像。一度みたかった!というわけで、仙台までやってきました。「騎馬像」もしっかりと観てきましたよ。テレビで観るよりすごく荘厳で大きくて、まさに「仙台といえば俺だ!」といっているような貫禄を感じました。さすが、戦国時代のヒーロー。

 今週の連載は仙台が誇る名将 伊達政宗の城「仙台城跡地」をお届けします。戦国時代のヒーロー伊達政宗のお城探訪にワクワクしちゃう!

 藩祖伊達政宗公により築城された「仙台城」。標高約130mの小高い丘から眺める仙台の街並みは今の時代も最高の眺め。展望台としても愛されてるいうのも納得。

 「仙台城」は青葉山に築かれたお城で「青葉城」とも呼ばれています。仙台の「杜の都」を象徴するとも言える城跡。天然の地形からなる天然の要塞、現在でも一部石垣が残っており美しい石垣、どこをとっても風情を感じるのは私だけでしょうか?

 戦国時代末期に伊達政宗がこの「仙台城」、城下町、仙台ともにほぼゼロの状態から作り上げ、仙台の中心市街地から広瀬川を挟んだ西側の青葉山の山頂に本丸、麓の広瀬川一帯が二の丸と三の丸の巨大なお城と伊達62万石の居城となったんですね。

 この62万石の「仙台城」が当時どんな風に建てられていたのかをもっと知りたい方は仙台城跡地内の「青葉城資料展示館」にぜひ足を運んでみてください。ということで来週は「青葉城資料展示館」の面白さに迫ってみたいと思います。

■太田在(おおた・あり) 1983年2月21日神奈川県出身。タレント。高校時代から雑誌『東京ストリートニュース』などの読者モデルとして活躍。東洋英和女学院大学国際社会学部卒。趣味はゴルフ、競馬、スキューバダイビング。フジテレビ系「めざましテレビ」などさまざまな番組に出演。また国家資格「学芸員」を持ち、全国の博物館や美術館に視察に出掛けている。公式ブログ(http://ameblo.jp/ota-ari/)も要チェックだ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。